お洒落男のヒゲレーザー脱毛 クリニックVSメンズ脱毛専門店 五番勝負

ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス » ワンランク上のヒゲスタイルのススメ » スタイルを維持する手入れ方法

スタイルを維持する手入れ方法

ヒゲのスタイルを維持するための手入れ方法を紹介。ヒゲ脱毛をするとどのくらい楽になるかを説明していく。

かっこいいヒゲであり続けるために必要なこと

最近はキレイにヒゲを伸ばし、自分のこだわりを楽しむ人が増えてきた。

自分もヒゲを伸ばしてみようと考える人は多いだろうが、実はあの状態をキープするには意外と手間がかかっているのだ。具体的にどんな手入れが必要なのかを説明しよう。

1.道具を揃える

ヒゲの手入れに必要なのはシェーバー(カミソリ)、ハサミ、トリマー、コーム、シェービングフォーム(ジェル・石鹸)だ。

シェーバーとシェービングフォームは、普段から使っていると思うが、ヒゲを伸ばすのであればハサミとコーム、トリマーが微調整のために必須になる。なおトリマーとはヒゲ用のバリカンと理解しておけばよい。

2.ヒゲをカットして整える

ある程度の長さがあるヒゲは、カットして整える必要がある。樹木に剪定が必要なように、ヒゲもカットして形を整えないと不揃いでキレイに見えなくなる。

口ヒゲやあごヒゲは真中部分を長く、サイドにいくに連れて短くカットしていく。頬ヒゲはもみあげに近くを長くし繋げる感じにすると自然だ。

3.ムダ毛を剃る

伸ばしたくない部分もヒゲは生えてくるため、不要な部分はシェーバーで剃り落とす必要がある。電気シェーバーでもよいが、細かな部分はカミソリのようなものを使用した方が上手くいく。

シェービングフォームやシェービングジェルなどを使って、肌を傷つけないように注意し、終わったら洗顔フォームできれいに流していこう。

4.アフターケア

ヒゲが伸びていると、それだけ雑菌などが繁殖しやすい状態になる。化粧水やアフターローションを使って清潔にしていく。

また肌が弱かったり乾燥しやすい肌質の人は、保湿のためのクリームやジェルを塗布してケアをしておく必要がある。

デザイン脱毛で変わるヒゲの手入れ

オシャレなヒゲを維持するためには、かなりの労力が必要なことが理解できただろうか。では、ヒゲ脱毛をすると手入れ方法はどう変わるだろうか。

ヒゲ脱毛は根こそぎ無くしてしまう全脱毛だけでなく、一部を残したり薄くしたりするデザイン脱毛が可能だ。脱毛するとヒゲを伸ばしている部分のカットは多少残るとしても、ムダ毛を剃るという手間は確実に楽になる。

またヒゲを剃ることがほとんどなくなるため、カミソリ負けや肌荒れといったことも起きなくなり、ヒゲ剃り後のアフターケアも軽くて済む。

デザイン脱毛をしていれば、仮に朝忙しくてヒゲ剃りの時間が無かったという場合でも、基本的なヒゲスタイルを崩すことなく、1日が過ごせるようになる。

クリニックVSエステ 髭のレーザー脱毛五番勝負