お洒落男のヒゲレーザー脱毛 クリニックVSメンズ脱毛専門店 五番勝負

ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス » ワンランク上のヒゲスタイルのススメ » 顔の形から考える最適なヒゲとは

顔の形から考える最適なヒゲとは

顔の形から考えるヒゲのデザインの種類や手入れ方法について紹介していく。

あなたの顔型はどれ?最適なヒゲデザインを考える

最近はオシャレにヒゲを伸ばしている人の姿を多く見かけるようになった。自分もやってみようと思っている方も少なくないと思うが、そのために気をつけたいことも多い。まず、無闇にヒゲを伸ばすだけだと単なる無精ヒゲになってしまう。

顔の形で似合うヒゲのデザインも変わる。顔の形によってどのようなヒゲスタイルが最適なのか、ヒゲを伸ばしても不潔に見えない方法について解説していく。

丸顔のヒゲデザインは頬髯がポイント

丸顔の人は、頬ヒゲとあごヒゲを伸ばして形を整えるとよい。頬髯を伸ばすことで顔を細く見せることができ、フェイスラインに沿ってあごヒゲを整えればシャープな顔の印象を与えることが可能だ。

もともとのヒゲが中途半端な濃さだと、伸ばしても汚い感じに見えるだけなので、避けた方がいいだろう。

逆に毛深い人は、デザインしやすいですが手入れが大変になるため、口ヒゲは全脱毛、ファイスラインとあごヒゲは部分脱毛して形を作ると楽になる。

四角顔のヒゲデザインはもみあげとあごヒゲがポイント

四角顔の人は、もみあげを伸ばしてあごヒゲとつなげるように形を整えることで、エラが隠れて顔が丸くなった印象を与えられる。

但し、あごの中央部分はラインを薄くして厚みは持たせない方がスッキリする。上手に陰影をつけることで、優しい感じに仕上げることが可能だ。

ヒゲのラインを細くキープすることが重要になる。生えて欲しくない部分は思い切って脱毛することで、毎日の手入れが要らなくなる。

逆三角顔のヒゲデザインはあごヒゲがポイント

逆三角顔の人は、顔の形がもともとシャープなので、ヒゲを伸ばすと逆効果で不潔に見えるだけということもあるので注意が必要だ。

顔の形を生かすのであれば、あごの中央を意識して口角に向かって丸く伸ばしたデザインが似合うだろう。

あご先だけ伸ばすといったスタイルも合っているが、伸ばし過ぎるのは禁物。頬やもみあげなど伸ばす必要のない部分は、脱毛してスッキリさせると手入れが簡単である。

面長顔のヒゲデザインは鼻下の口ヒゲとあごヒゲがポイント

面長顔の人は、鼻下の口ヒゲとあごヒゲを伸ばすスタイルがおすすめ。この時、あごヒゲはあごの幅を超えないようにするのがポイントだ。

もみあげや頬などフェイスラインにヒゲがあると顔の長さを強調してしまうため、スッキリとカットしておいた方がよいだろう。

鼻下の口ヒゲは必須というわけではない。手入れを楽にしたい場合は必要以外の部分を脱毛することで、常に清潔感を保ったオシャレなヒゲを手に入れられる。


以上のようにヒゲのデザインは上手に行えば、顔の形の欠点をカバーできる効果がある。逆に間違ったスタイルにすると、印象が悪くなってしまうので注意が必要だ。

なおヒゲを伸ばしてある程度のボリュームを持たせる場合は、髪型にも注意しよう。長髪でヒゲも伸びているのでは、むさ苦しいだけだ。ヒゲをオシャレに伸ばしたいと考えるなら、坊主にするのは極端だが、できれば短髪ですっきりまとめておいた方が、軽快であか抜けた印象となる。

クリニックVSエステ 髭のレーザー脱毛五番勝負