お洒落男のヒゲレーザー脱毛 クリニックVSメンズ脱毛専門店 五番勝負

ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス » ヒゲ脱毛の有名エステ12選 » RINX(リンクス)のヒゲ脱毛の価格・口コミ調査 » ヒゲ脱毛で人気のRINX(リンクス)讃岐社長の評判を調査しました!

ヒゲ脱毛で人気のRINX(リンクス)讃岐社長の評判を調査しました!

株式会社リンクスホールディングスとは

リンクスホールディングスとは、人気のメンズ脱毛サロンRINXの運営会社だよ。リンクスは代表取締役社長の讃岐さんと長嶺さんが経営してるんだって。それでは、リンクスホールディングスについて見ていきましょう!

リンクスホールディングスの概要

リンクスグループについて

2008年に神戸でサロンをスタートしてから、今では全国に39店舗を持っているよ。目標は日本全国展開なんだって!「男が脱毛なんてするわけない」と言われてた時代に脱毛サロンを始めて、今や12万人以上の男の人が通ったっていうから驚きだよね。

リンクスについて調べているときに、求人の記事を目にしたんだけど、他のサロンは受付やスタッフの中にアルバイトの人がいる事がほとんどなのに、リンクスは全部正社員の募集記事なの。アルバイトでは管理が難しくなっちゃうけど、正社員だと教育も行き届いているから安心ね!

リンクスホールディングスの求人から見た情報

リンクスの求人を見てみると結構福利厚生が充実している事が分かったわ。

面白かったのは、「人生応援制度」。これは、美容業界ではまだまだ少ない男性社員の活躍を応援するために設けられた制度なの。社員一人一人の夢を支援してくれるらしいわ。 こんな素敵な制度があったら、やる気になれるかも!のん子もボーナスほしいなあ…。

リンクスの脱毛サービスに関する評判

リンクスはとにかく料金がリーズナブルなサロンだよ。でもそれだけじゃなくて、脱毛のマシンもすごいみたい。使っているのは最新のオリジナル脱毛機で、日本の男の人に合っているんだって。一人一人の肌質や毛質、部位に最適な設定をするから、高い効果が出るんだね。スタッフさんも自ら脱毛して、その効果を証明しているよ。脱毛体験者に施術をしてもらえるのっていいかも。気持ちを分かってくれるし、質問もしやすくて頼もしいよね。

しかも、リンクスには脱毛技能士と呼ばれる脱毛や皮膚について深く学んだ社員スタッフだけが施術を行なうんだって。確かな技術と技能があるからこそ、確実に脱毛ができるんだね。プロフェッショナルなら安心して任せられるかも!

リンクスホールディングス社長の理念とは

RINX誕生秘話

RINX創業当時、男性の脱毛は世の中に全然知られてなくて、ヒゲ脱毛できるお店があっても価格がなんと80万円!それにびっくりした都築さんは、「学生でも通えるサロンをつくる」と決意したんだそうよ。その思いが今のリンクスの料金設定につながっているんだね。

メジャーではなかった男性脱毛を世の中に広めるには相当な苦労があったそうだけど、お客さんはもちろん社員も大事にしてきたら全国展開するまでになったんだろうね!

お客さんと社員を大切に

代表の讃岐交雄さんと長嶺拓さんは、お客さんだけじゃなくて社員も大切にしてるんだって。讃岐さんは「愛情なら誰にも負けない!」って言ってるくらい。お客さんにも社員にも幸せになってほしいから、サービスの向上をしたり福利厚生を充実させたりしてるんだろうね。

現代表の讃岐交雄さんって一体…

会社のことは分かったけど、代表の讃岐交雄さんってどんな人なのかな?会社ってトップの人の考えが現れるから、知っておきたいよね。そこで讃岐さんの人となりを探ってみたよ。

どんな子どもだったか

讃岐さんは小さい頃、絵を描くのが好きだったんだって。小学校の絵のコンクールでは、必ず賞を獲っていたほどの腕前らしいよ。勉強は苦手だったそうだけど、好きなものに対する集中力がすごかったみたい!リンクスでメンズ脱毛サービスをより良いものにするために努力しているのは、小さい頃に身についた集中力があるからなのかも。

憧れの偉人はリンカーン

讃岐さんの憧れの偉人はエイブラハム・リンカーンなんだって。歴史の授業で必ず習う偉大な人だよね。讃岐さんは、「君の決心が本当に固いものなら、もうすでに希望の半分は実現している。夢を実現させるのだという強い決意こそが、何にもまして重要であることを決して忘れてはならない。」っていう名言が特に好きなんだって。

これを聞いてから、自分が道を進むときは「断固たる決意」をしようって決めたらしいの。リンクスが創業当初から「メンズ脱毛を身近なものにしたい」って思いでサービスを提供しているのは、讃岐さんのそんな思いがあるからなのかもね。

尊敬している人は先代の社長

讃岐さんが先代の社長を尊敬している理由は、人として成長させてくれたから・自分だけでなく周りの人たちを豊かにする力をくれたからなんだって。先代の社長は、どんなときでも相手のことをしっかり考えて、期待に応えてくれる人らしいの。その器の大きさと、人を輝かせる力が永遠の憧れだって語っていたよ。たしかにリンクス誕生秘話を見ても、その魅力が伝わってくるかも!

代表になることを意識したタイミング

讃岐さんがリンクスの代表になることを意識したのは、リンクスに入社してからなんだって。最初は代表になれるなんて思ってもいなかったそうなんだけど、やる気や努力を評価してくれるリンクスの社風を感じて、「チャンスがある」って思ったらしいの。「仲間の人生に豊かさと可能性を」っていうリンクスのコンセプトに感動した讃岐さんは、この会社を引っ張っていく存在になりたいって思ったそうよ。自分のためだけじゃなくて、仲間のためにもがんばりたいって思える会社に出会えるなんて素敵だよね。

長嶺社長の尊敬しているところはどこか

讃岐さんは、同じく代表を務める長嶺さんのことを「まさに社長」だと表現しているの。社長に必要な経営力や指導力、頭の回転の速さ、社員への気遣いまで、ぜんぶを持っている人だって語っているわ。経営者としても一人の男としても尊敬してるんだって。優秀な社長がそばにいることで、讃岐さんも刺激をもらっているらしいの。お互いを高め合える存在なんだね。

仕事で1番嬉しかったこと

讃岐さんが仕事で嬉しかったことは、今一緒に働いている社員さんとの出会いにまでさかのぼるんだけど、その社員さんが面接のときに、夢を見失っていて、人生を悲観的に見ていた見たいなの。ところが、最終面接のときにリンクスの「仲間の人生に豊かさと可能性を」という企業コンセプトに胸を打たれて、「2年以内に幹部まで昇格する!」という目標を掲げて、頑張っている姿、見事に目標を達成して、有言実行できる人に成長したことが嬉しかったみたい。

まさに「仲間の人生に豊かさと可能性を」与えたエピソードだよね。讃岐さんにとって、仲間の成長は本当に嬉しいことなんだね。

仕事で1番つらかったこと

つらかったことは、一緒に働いていた仲間が会社を去ってしまったこと。そのときに讃岐さんは自分の至らなさを嘆いたそうよ。もっと仲間の人生を考えられていれば、もっと導く力があれば、と自分を責める事もあったみたいだけど、そのおかげで、自分自身が成長し続けるために努力を続けることやリンクスに人生をかけることを誓うに至ったんだって。

仲間想いであるが故に、嬉しいこともつらいこともたくさんあったんだね。

社員とのコミュニケーションで心がけていること

讃岐さんは「感謝の気持ちを伝えること」を意識して社員と接しているんだって。人は褒められる・認められることで満たされるから、相手の長所に目を向けて褒めるようにしているらしいの。たしかに人から褒められたらもっと期待に応えたいってやる気になるかも!讃岐さんは、社員がいてくれるのもがんばってくれているのも、当たり前のことじゃないって思っているそうよ。だから自然と感謝の言葉が出てくるんだって。社員を大事にしているんだろうね。

人材育成についてどう考えているか

社員のことを「人財」と呼んで大事に育てている讃岐さん。彼の人材育成に対する想いは、誰よりも熱いみたいだよ。人は企業にとって一番大事な財産だと言っているわ。人材育成とは、その財産を守りながら磨き続けること。そして誰もが欲しがるような財産に成長させること。それが人財育成に対する讃岐さんの考えなんだって。だから企業がすることは、価値のある教育と、指導をするための環境づくりだと言っているの。リンクスの福利厚生や研修制度が充実しているのも、こういう考えからきているんだね。

印象的だったお客さん

毎日たくさんのお客さんが来るリンクス。考えるときりがないくらい印象的なお客さんはいるみたいなんだけど、なかでも記憶に残っているのは「脱毛して彼女ができたとあるお客さん」なんだって。そのお客さんは、リンクスで脱毛するまではムダ毛がコンプレックスで自信が持てなかったそうなの。でも脱毛したことをきっかけに自分磨きをして、ついに人生初の彼女ができた!って大喜びで報告してくれたんだって。讃岐さんは自分のことのように一緒に喜んだそうよ。脱毛で幸せになった…って言うと大げさかもしれないけど、自分を変えるきっかけになるんだね。

メンズ脱毛の展望

「男性の美の追求はこれから先も広がっていく」と語っている讃岐さん。清潔感あふれる見た目も心も美しい男性が求められる時代になっているから、メンズ脱毛の可能性は無限大なんだって。

女性がツルツルなのはマナーみたいになっているけど、これからは男性も同じだよね。モジャモジャより清潔感があるほうが絶対いいもん!メンズ脱毛がもっと当たり前の世の中になってほしいね。

サービスやブランドに対する想い

世の中にはいろんなサービスがあるけど、メンズ脱毛はお客さんと接する時間が長いから、「お客さんの心に寄り添うこと」を大切にしてきたんだって。

これからもお客さんを感動させるために、メンズ脱毛という分野だけじゃなくて、サービス業のトップになりたいそうなの。リンクスの接客の評判が良かったり、スタッフの福利厚生が充実していたりするのは、人を大切にする想いがあるからなんだね。

脱毛以外にやりたいサービス

リンクスのメニューは脱毛だけなんだけど、ほかにやりたいことってないのかな?疑問に思って調べてみたら、讃岐さんは「メンズ脱毛だけを追求したい」って言っていたの。フェイシャルエステとか痩身とか、興味はあるけどリンクスが追求するのはメンズ脱毛なんだって。そのこだわりがあるから高い品質のサービスを提供できるんだね。まるで職人さんみたい!これからもメンズ脱毛サービスを進化させ続けるのかもしれないね。

リンクス社員に向いている人

今の自分を変えたい、人の役に立ちたいと思っている人に向いているみたいだよ。リンクスには野心家の人がたくさん活躍しているんだって。でも、向いてなくても気合いと情熱と根性、あと思いやりがあれば成功に導ける自信があるとも言っていたの。「仲間の人生に豊かさと可能性を」ってコンセプトを掲げていることからも想像できるけど、相手の幸せのために全力を尽くしてくれる会社なんだね!

美容業・接客業としてのやりがいは何か

讃岐さんはビジネスマンとしてだけじゃなくて、仕事を通して人としての魅力を磨けることに美容・接客業のやりがいを感じているそうよ。人は見た目が変わることで中身も変わるから、メンズ脱毛で理想の自分に近づくと自信が生まれるの。そうやって、お客さんがどんどん自信に満ち溢れていくのを間近で見るのは、讃岐さんにとって刺激になるみたい。美容業を通じて讃岐さん自身の魅力も高まるんだって。接客業については、お客さんと接することで立ち振る舞いを学べる素晴らしい職業だと語っているよ。「接客業を極めることは、お客さんの心に寄り添うこと。それができれば、普段から思いやりあふれる人になれる」っていうのが讃岐さんの考えらしいわ。

人の成長に欠かせないものは何か

多くの社員・スタッフを育ててきた讃岐さん。人が成長するために必要なのは「素直な心」「柔軟さ」「言い訳をしないこと」「学ぶ姿勢」「感謝の気持ち」なんだって。たくさんあるように見えるけど、「素直な心」が1番大事なんじゃないかなぁ。素直でいれば、言い訳しないし、感謝も伝えられるようになると思う。仕事だけじゃなくて、人として成長するためにも大事なことだよね。

自分の決断に迷いがあったときどうしているか

代表取締役をしていると、会社を左右する重要な決断を迫られるタイミングがあると思うんだよね。そんなとき讃岐さんは、「本質を見直す」「客観的に見てみる」「自分の素直な気持ちを確認する」この3つを基準に物事を決めているみたい。さらに3つの基準で判断したら、いちばん信頼している長嶺さんにも意見を聞いているそうよ。脱毛サービスへの情熱は持ちつつ、会社の判断は冷静に行っているんだね。リンクスがお客さんにも社員にも支持されているのは、代表2人の冷静と情熱があるからなのかも!

プライベートにおける将来の夢は何か

讃岐さんがプライベートで叶えたい将来の夢は、家族で世界一周旅行。讃岐さんは何度か海外旅行をしたことがあるそうなんだけど、足を運ぶたびにいろんな気づきがあるんだって。たしかに海外って、日本とは文化が全然違うもんね。建物とか食べ物とか、世界遺産、ものの考え方に至るまで…。旅行に行くだけで自分の知識や感性を磨けて、人として成長できるから、家族にも見せてあげたいそうよ。仕事でもプライベートでも愛情深い人なんだね。

現代表の長嶺拓さんって一体…

代表が何人かいるリンクス。長嶺さんってどんな人なのかな?会社に対する想いや憧れの人を聞いて、人となりを探ってみたよ。

どんな子どもだったか

長嶺さんは広く物事を知ろうとするタイプで、いろいろなことに興味を持つ子どもだったんだって。ずっと一つのことに熱中してきた讃岐さんとは対照的だね。様々な価値観に触れてきたぶん、物知りになったそうよ。そうして身につけた幅広い知識や視野が今の仕事に活きているのかな?想像だけど、充実した福利厚生とか未経験でも安心できる研修体制も、長嶺さんのアイディアからできたものだったりして!

憧れの偉人は坂本龍馬と渋沢栄一

長嶺さんは、「憧れの経営者」として坂本龍馬渋沢栄一を挙げているよ。のん子は歴史詳しくないから調べてみたんだけど、坂本龍馬は常識にとらわれず新しいことを取り入れた人で、渋沢栄一は日本の数多くの企業を発展させてきた人なんだね。2人とも日本に大きな影響を与えた人だから、経営者みんなの憧れになるのも分かる気がする!

リンクスがメンズ脱毛を始めたのも、脱毛は女性のものってイメージがまだまだ強かった頃。時代は違うけど、「新しい常識を作る」って意味では同じ状況にいるんだね。

尊敬している人は分野を極めている人

どんな業界や業種の人でも、その分野を極めている人はみんな尊敬しているそうよ。どんな分野でも極めるには何千・何万もの時間を費やす必要があるから、それができる根気と忍耐力、精神力を持っている人は尊敬しちゃうんだって。男の人ってそういうプロフェッショナルな人が好きだよね。たしかに、こだわりのある人って素敵だな~。

代表になることを意識したタイミング

学生時代から経営者になる夢を抱いていたそうよ。でも最初からメンズ脱毛業界で…と考えていたわけじゃなくって、最初は飲食業やサービス業でお店を出したかったらしいの。オーナーになるためにたくさんアルバイトをしたんだけど、このままで経営者になれるのか疑問を感じていたみたい。それから学校を卒業して就職したときに、「昇進ではなく経営者になるならステップが違う」と知って、経営者になるための方法を探し始めたんだって。リンクスの代表になるまで、たくさんの努力をしてきた人だったんだね。

讃岐社長の尊敬しているところはどこか

長嶺さんは、讃岐さんの「誰かを想って行動できるところ」を尊敬しているんだって。讃岐さんは社員から相談があれば親身になって聞いてあげたり、一番いい解決策を一緒に探してあげたりするらしいの。物腰や言葉遣いも柔らかいから、困ったときに讃岐さんを頼る社員は多いそうよ。長嶺さんもリンクスの経営について讃岐さんに相談しているのかな?仕事でもプライベートでも頼れる人が身近にいてくれるのは、心強いよね。

仕事で1番うれしかったこと

長嶺さんは、オープンしたての店舗を任されていた時に、仲間を増やしてメンズ脱毛業界を盛り上げていきたいと思って、気づいたら、お客さんだけじゃなくて、仲間を喜ばせたいと思うようになったんだって。

そんな時、お客さんから「リンクスがどんどん大きくなっていって嬉しい」といわれたことや、仲間から「リンクスに入社してよかった」と言われたことが1番嬉しかったみたい。

仕事で1番つらかったこと

長嶺さんにとって、つらかったことは、せっかく勇気を出して脱毛を受けたお客さんが引越しの都合でリンクスの店舗が展開されていないところへ越して、施術を受けられなくなったときに、力不足を感じたみたい。

長嶺さん自身、コンプレックスがあって、18歳のときに脱毛を受けたみたいなんだけど、そのつらさが分かるからこそ、施術が受けられない環境にさせてしまったことがつらかったみたい。

お客さんの立場に立って考えられるなんてすごいなあ。それだけ真剣に向き合っているってことだよね。

社員とのコミュニケーションで心がけていること

長嶺さんは、社員の変化に気づけるよう気を配っているそうよ。代表取締役ってポジションは忙しいから、なかなか社員一人ひとりとじっくり話せる時間は少ないみたい。だからこそ普段の言動となにか違うところがないかを見て、ちょっとでも違う部分があったら、声をかけてケアするようにしているんだって。

社員と過ごすわずかな時間をきっとすごく大事にしているんだね。小さな変化に気づけるのは、サービス業でお客さんに気を配ってきたから身についた技術なのかも。

人材育成についてどう考えているか

長嶺さんは人材育成について、「次のステップに進むために大切なこと」だと考えているらしいわ。メンズ脱毛自体がまだまだ発展途上にあるサービスだから、働く人たちも未経験の人ばかりらしいの。だから全くの未経験からスタートしてもプロになれるように、リンクスでは新人研修に力を入れているそうよ。研修にかける時間をたっぷり取るのはもちろん、カリキュラムや体験ワークを充実させているんだって。さらに次のステップに進めるように、新人研修が終わってもキャリアごとの研修や講習を行って、常に学べる環境を用意しているそうよ。未経験から始めて社長になった人がいるのも納得だね!

印象的だったお客さん

担当したお客さんのことを細かく覚えている、と語る長嶺さん。なかでも印象に残っているのは、出張するたびにお土産をくれるお客さんのこと。たくさんくれたからお返ししようと思って買いに行ったとき、その人の好みが分からなくて悩んだそうよ。そのときに、相手の好みを考えること、選んだものをわざわざ持ってきてくれること…そのありがたみを感じたんだって。サービス業をするうえで、大切なことをその人から学んだんだね。

メンズ脱毛の展望

今は脱毛を受けている男性より女性のほうが何倍も多いけど、これからメンズ脱毛はもっと拡大していく分野だって長嶺さんは確信しているそうよ。それはリンクスが「男性が脱毛を受けることは普通」っていう新しい常識を作っていこうとしてるから。勇気を振り絞らなくても脱毛できたら、きっと多くの男性が救われるね。

サービスやブランドに対する想い

「リンクスがメンズ脱毛業界を引っ張っていく」という使命感を持っているそうよ。男性専門でスタッフもみんな男性、男性の毛に合った脱毛機やシステムを揃えているサロンはほかにないから、「リンクスがやらなきゃ誰がやる」って熱い想いを持っているみたい。

そんな使命感とプライドがあるから、メンズ脱毛業界を代表する会社に成長しているのかもね。

脱毛以外にやりたいサービス

ほかのサービスはやらずに、メンズ脱毛サービスをとことん突き詰めたいそうよ。理由は、一流のメンズ脱毛サービスを極めたいから。メンズ脱毛自体まだまだこれからだから、まずは「男の人たちが気軽に脱毛を受けられる世の中」を作り上げたいんだって。

いろんなことを始めるのは簡単だけど、一流になるまで極めるのは難しいって考えているみたい。たしかにのん子も、趣味で楽器もスポーツもやろうとして結局どれも身についてないなぁ~…。1つのサービスだけを極めるって、本気度が違うよね!

リンクス社員に向いている人

リンクスで働くには、何よりもやる気や情熱が大事なんだって。脱毛に関する知識や技術は、研修制度が整っているから大丈夫なんだそうよ。これまで40店舗も出しているリンクスだから、プロの脱毛技能士を育てることには自信があるんだね!「脱毛を受けて変わった喜びを今度は自分が伝えていきたい」「サービス業のプロフェッショナルになりたい」「とにかくキャリアアップしたい」そんな想いがあれば、全力でサポートしてくれるそうよ。

美容業・接客業としてのやりがいは何か

長嶺さんが美容業・接客業をするうえでやりがいに感じているのは、感謝の言葉が聞けること。痩身やハンドエステに比べると、脱毛は目で見てわかる効果がすぐに得られるサービスだよね。効果がお客さんにも明確にわかるから、施術を重ねるごとに喜びの声が増えていくんだって。長年抱えていた体毛のコンプレックスから解放されたお客さんを見ると、長嶺さんもうれしくなるそうよ。飲食店で働いていた頃には体験できなかったことを経験している今、この仕事に就いてよかったと感じるみたい。

人の成長に欠かせないものは何か

代表として社員を引っ張る長嶺さん。人の成長には「大小に関わらず課題をクリアすること」「課題をクリアして成果を得ること」この2つが必要だと語っているよ。リンクスでは、クリアすべき課題=役職制度、得られる成果=賞与として会社の仕組みにしているんだって。役職制度は、課題をクリアするごとに役職がアップして常に自分の実力に見合った新しい課題が用意されるってこと。賞与は、成果を出したら賞与でしっかり評価されるってことだよね。会社の発展には社員一人ひとりの成長が大切だけど、自分ひとりだけの力で成長できる人は多くないよね。だから、リンクスでは会社の環境を整えてサポートしているらしいの。目指すもの・やるべきことが明確だと、どんどん成長できそうだよね。

自分の決断に迷いがあったときどうしているか

長嶺さんは、自分の選択がいちばん良い方法なのか迷ったときは、いろんな人に意見を聞くようにしているそうよ。たくさんの人に意見を聞くと、自分の考え方と真逆の意見を言われることもあるらしいんだけど、そんなときは冷静にメリットとデメリットを比べて、自分の意見を振り返るようにしているんだって。どんな意見にも必ずメリットとデメリットがあるから、自分の意見も相手の意見もフラットに考えるよう気を付けているみたい。

プライベートにおける将来の夢は何か

讃岐さんと同じく、長嶺さんも世界一周することなんだって!世界の端から端まで行ってみたいそうよ。長嶺さんは学生のころ、オーストラリアに留学していた経験があるらしいの。そのとき異文化に触れて価値観や考え方が変わったことが、今でも忘れられないくらい感動していて、それをもう一度味わいたいんだって。世界一周ともなれば、1年間の留学のときよりたくさんの人と出会えるね。きっと人と触れ合うのがとっても好きなんだろうなぁ。

代表専務の藤木潤一さんって一体…

藤木さんのプロフィール

藤木さんがリンクスに入社したのは2013年。それまではベンチャー企業で7年くらい営業をしていたそうよ。未経験でリンクスに入ったんだけど、たった1年で東京池袋店の店長になったの。それから福岡博多店・福岡天神店・鹿児島店と、毎年勤務する店舗が変わっているそうよ。もしかしたら新しい店舗の立ち上げかな?リンクスの店舗がどんどん増えていることが藤木さんの略歴からも分かるね。代表取締役専務に就任したのは、2018年。未経験で入社して5年で専務になれたのは、藤木さんのポテンシャルが高いのはもちろんだけど、リンクスの社員研修が充実している証拠だよね。

メンズ美容業界に対して感じている課題

脱毛する男の人が珍しがられることはなくなったけど、まだまだメンズ脱毛に対して抵抗があったり、敷居が高いと思っている人が多かったりすることが課題だと感じているみたい。だから藤木さんは、メンズ脱毛をもっと身近なものにするために日々がんばっているんだって。ここ10年でメンズ脱毛をしたいと思う男の人は増えているそうだから、藤木さんの夢が叶う日も遠くないだろうね!

座右の銘は「情けは人の為ならず」

「情けは人の為ならず」が藤木さんの座右の銘。「人に親切にしていたら、巡り巡って必ず自分にいいことがある」っていう意味のことわざだね。脱毛サロンはお客さんと接するサービス業だし、会社の経営もスタッフを育てる、という意味では、たしかに欠かせない考え方かも。のん子も人に優しくされたらうれしくて恩返ししたくなるなぁ。

リンクスに入社したきっかけ

藤木さんはお友達の紹介でリンクスに入社したんだって。そのときリンクスは6店舗しかなかったんだけど、東京池袋店で働くお友達からリンクスの話を聞いて、「リンクスなら店舗拡大と一緒に自分も成長できる」と思ったそうなの。入社したばかりの頃は脱毛のことを何も知らなかった藤木さんだけど、今では脱毛愛で誰にも負けない自信があるんだって。成長するために未経験の業界に飛び込むなんて、すごいストイック!会社を引っ張るならそれくらいの気概が大事なのかもね。

前職での経験

リンクスに入社する前は、営業職だったんだって。たくさんの会社の社長さんや役人の人たちとお話しする機会があったから、コミュニケーションスキルが身についたそうよ。伝える力もそうだけど、何より営業の折衝経験が今の仕事にも役立っているみたい。

脱毛ってお客さんとお話しすることもあるから、コミュニケーション力って大事かも!経営者になっても社内の人・社外の人と話す機会も多いだろうし、元・営業って頼りになりそうだね。

スタッフに対する想い

全国に40店舗あるリンクス。スタッフもたくさんいると思うけど、藤木さんはスタッフのことをどう思っているのかな?調べてみたら、「リンクスの原動力はスタッフ」っていう考えを持っているみたい。

たしかに、スタッフがいなければ会社は運営できないもんね。だからやる気と結果を評価して、スタッフのモチベーションを上げるようにしているんだって。なかには入社半年で店長になった人もいるらしいよ!ドラマもビックリのスピード出社だね。リンクスがどんどん成長していくのも分かるかも。

男らしいエピソード

「自分の夢を自分の力で叶えられるようになったこと」なんだって。藤木さんは学生時代あんまり裕福じゃなかったから、叶えたい夢がいっぱいあったけど諦めなきゃいけなかったそうなの。でもリンクスで働いている今は、学生時代とは違う新しい夢がたくさんできて、その夢を自分の力で叶えられるようになったんだって。ご両親への親孝行も叶った夢のひとつ。毎月感謝の気持ちを形にして伝えているそうよ。なんだか感動しちゃう!リンクスは夢が叶う会社なんだね。

仕事のポリシー

いつも、「このままでいいのか?」「改善できることはないのか?」そう考えるようにしている藤木さん。そのために「お客さんやスタッフの気持ちを考える」「いつも感謝の気持ちを持つ」この2つをポリシーに掲げているよ。仕事がうまくいっていたらこのままキープしようって思っちゃいそうだけど、藤木さんは常に上を目指しているんだね。だからリンクスは全国に40店舗も出すまでに成長しているのかも。これからもどんどん成長していきそうだね!

お客さんに対する想い

昔は全然知られていなかったメンズ脱毛も今ではたくさんのサロンやクリニックが提供しているよね。藤木さんは、そんな中リンクスを選んでくれたお客さんにとっても感謝しているんだって。日本人の毛質に合ったオリジナル脱毛機の開発からスタッフの能力を向上させるためのトレーニングまで、ぜんぶお客さんの期待に応えるため。「メンズ脱毛ならリンクス」って言ってもらえるように努力しているんだって。お客さん想いなことが伝わってくるなぁ。こんなサロンなら、お任せしたいって思えるよね。

脱毛を体験したときの感想

藤木さんが入社したときはメンズ脱毛がまだ知られていない時代で、脱毛を体験したのもリンクスに入社した後だったんだって。それまでは脱毛を考えたこともなかったらしいんだけど、脱毛を受けてみたら、周りの反応が変わったことに感動したそうよ。自分が気にしてなくても、意外と人は見てるもんね。ブツブツと無精ヒゲがあるよりツルツルのほうが好印象だもん!そんな感動を体験しているからこそ、お客さんに寄り添ったサービスを提供できるんだね。

店舗・企業を運営することのやりがい

藤木さんがやりがいだと感じているのは、メンズ脱毛を通して社会貢献ができることだそうよ。体毛に悩んでいる男の人たちを救ってるんだもんね。たしかに社会貢献と言えるかも!メンズ脱毛業界がぐんぐん伸びている中、リンクスの看板を掲げて運営できることが誇りなんだって。自分の仕事を誇れるって、すごくかっこいいよね。

仕事で大変だったことをどう乗り越えたか

脱毛したい学生さんの親御さんを説得しに行ったのが、今までを振り返っても大変な仕事だったそうよ。ある日体毛がコンプレックスだった子が相談に来たんだけど、親御さんの許可をもらえなかったらしいの。彼のことを何とかしてあげたかった藤木さんは、親御さんに会いに行ったんだって!本人の代わりに話をして、納得してもらえたそうよ。晴れて脱毛できたその子は表情がすごく明るくなって、藤木さんも幸せな気持ちになったんだとか。親御さんからも感謝されたそうよ。1人の男の子の人生を救ったんだね!

代表常務の渡邊丈洋さんって一体…

渡邊さんのプロフィール

リンクスに入社してから、わずか9か月で大阪梅田店の店長になった渡邊さん。その後は京都河原町店・東京品川店・茨城水戸店でも責任者を務めて、新店舗オープンを支えてきたんだって。多くのスタッフを教育した実績が評価されて、人財マネジメント事業部の部長にも選ばれたそうよ。そして今の代表取締役常務に就任したんだけど、今でもスタッフの育成がやりがいだと語っているわ。多くの仲間を育ててきた人が経営者だから、リンクスの研修制度は整っているのかもね。

メンズ美容業界に対して感じている課題

「誰にも言えない悩み」だった脱毛を始めとするメンズ美容は、今では「身だしなみ・マナー」の域に達していると話す渡邊さん。お客さんの理想も幅が広がって、求められることが多くなってきているみたい。そんなお客さん一人ひとりが自分の理想を追い求められるような、「誰でもこだわれるメンズ美容」。それを身近にすることが課題だと感じているんだって。だからリンクスが先駆けとして、その道を切り拓いていきたいそうなの。身だしなみに気を遣う男性って素敵だし、どんどん広まっていってほしいなぁ。

座右の銘は「天才とは努力する凡才のことである」

あの有名なアインシュタインの言葉なんだって。渡邊さんはこれを「努力に勝る才能はない」と捉えているそうよ。才能ある人が現れても嫉妬するんじゃなくて、自分が努力することが大切。努力なくして成功はないって語っているの。調べてみたら野口英世もエジソンも、努力を続けることが大切っていう意味の名言を残しているみたい。有名な偉人たちと同じ考えを持っているなんて、すごい人かも!そんな努力が認められて、今のポジションに立っているんだね。

リンクスに入社したきっかけ

リンクスに入社する前は、いろいろな企業で働いていた経験を持つ渡邊さん。でも心からやりがいと誇りを感じられる職業になかなか出会えずにいたらしいの…。「人生は一度きり。今のまま過ごすのはもったいない」って悩んでいたとき、リンクスを知ったそうよ。当時わずか5店舗だったリンクスだけど、目指している経営ビジョンに感銘を受けて、入社を決意したんだって。いろんな会社でやりがいを探していた人が、リンクスと出会って代表取締役常務まで登り詰めているんだから、きっとぴったりのお仕事だったんだね!

前職での経験

リンクスに入社する前は、いろんな仕事をしていたんだって。そのなかで今の仕事に役立っているのが、美容室でのアシスタント経験だそうよ。メンズ脱毛と美容室、同じサービス業で似ているところもありそうだよね。お客さんの理想を叶えるってところも同じかも。

渡邊さんは美容室で、「お客さんから代金を支払ってもらえることのありがたさ」を知ったらしいわ。オーダーされたことをやるだけじゃなくて、お客さんが満足することで代金は支払われるって考えているみたい。だからリンクスでも常にサービスの品質向上をがんばっているんだね!

スタッフに対する想い

渡邊さんは、第一線で活躍するスタッフに感謝をしているそうよ。お客さんの「ツルツルになりたい」っていう願いを叶えるには、スタッフの施術・対応が何より大切だもんね。どんなにサロンがきれいでマシンが最新でも、お店の印象ってスタッフの対応で決まったりするもの。

渡邊さんは、自分のやることは「スタッフを成長させること」「成長したスタッフが活躍できる場をつくること」だって語っているよ。現場のスタッフと経営者のチームワークがいいから、全国40店舗の大人気サロンになったのかもね!

男らしいエピソード

「善意を後任につなぐこと」なんだって。どういうことかっていうと、後輩の悩みを聞いたりごはんを奢ってあげたりしたら、恩返しは自分じゃなくて、ほかの後輩にしてあげてほしいって思っているそうなの。

渡邊さんは昔から「男性からかっこいいと思われる男になりたい」っていう想いがあって、善意をつなぐこともそのための行動なんだって。ふつうは、いいことをしたらつい見返りを求めちゃうよね。人として尊敬しちゃうなぁ。

仕事のポリシー

「お客さまへ最高のサービスを提供すること」がポリシーなんだって。リンクスがどんなにいいサービスを提供していても、お客さんがいなければ成り立たないもんね。

お客さんを満足させるために大事にしていることは、対人関係。お客さんはもちろん、スタッフ同士でもよりよい関係をつくることが大切だと考えているそうよ。感謝の気持ちを忘れずに、いい関係は自分から創り上げるっていう意識を持っているからリンクスのサービスは多くの人に支持されているんだね。

お客さんに対する想い

渡邊さんも昔、体毛に悩んでいたんだって。メンズ脱毛と出会って自分自身が変わった経験から、リンクスに通うお客さんの「人生を彩るお手伝いがしたい」っていう想いがあるそうよ。ただ脱毛に通うだけの時代から、これからは脱毛で新しい自分に出会う時代をつくりたいと話しているの。同じ悩みを抱えていた人だから、お客さんの悩みや痛みを分かってくれそうだよね。

脱毛を体験したときの感想

毛が濃いことが悩みだった渡邊さんは、初めて脱毛をしたときのことを振り返って「感動の一言に尽きる」と語っているよ。ヒゲを剃ると青くなるわカミソリ負けで肌が荒れるわで大変だったらしいから、感動もひとしおだよね。同じ悩みを抱えていたからこそ、お客さんに寄り添ったサービスができるし、メンズ脱毛業界を引っ張るという熱い想いを持てたんだって。悩みって誰にでも相談できることじゃないから、気持ちを分かってくれるのは安心できるよね。

店舗・企業を運営することのやりがい

渡邊さんは、脱毛で人に豊かさを与えることにやりがいを感じているみたい。渡邊さんが言う「豊かさ」っていうのは、目に見えないもの。例えば、大切な人と過ごす時間だったり、仕事を成功させたときの達成感だったり。お客さんにはサービスを提供する時や、リンクスのスタッフや提携している企業さんといっしょに仕事を成功させた時に、やりがいを超えた「生きがい」を感じられるんだって。

仕事で大変だったことをどう乗り越えたか

渡邊さんはスタッフとの接し方で悩んだことがあるんだって。最前線でスタッフの教育をしていた頃、相手を成長させたいという思いが強すぎて、厳しい言葉をぶつけてしまったそうなの。でもそのスタッフは大きな悩み事があって、落ち込んでいたらしいわ。スタッフの変化に気づけなかったことを後悔した渡邊さんは、それ以来、常に思いやりの気持ちを持ってスタッフに接しているそうよ。できるだけ自分の思いをわかりやすく伝えて、相手の細かな変化にも気づけるように心がけているんだって。

リンクスホールディングスの評判・会社情報まとめ

のん子:「社長の話を見ていて感じたけど「男性脱毛をもっと身近なものにしたい」という思いが伝わる会社だね。

RINXが「学生でも通えるサロンをつくる」って考えていなかったら、リーズナブルな料金で脱毛できる男性サロンはなかったかもしれないよ。学生でも脱毛を受けられるように、とそれまで高額だった男性の脱毛をリーズナブルな価格で実現したのも大きな貢献だよね。」

ユウタ:「リーズナブルだから人気なのも分かるけど、とても愛の溢れる会社なんだろうな。RINXが全国に40店舗も出しているのも納得できる気がする。全国のムダ毛に悩む男子たちの希望だと感じた。

RINX(リンクス)の運営会社情報

運営母体
株式会社リンクス
株式会社RINX PLUS
株式会社リンクスホールディングス
代表取締役
讃岐交雄
長嶺拓
藤木潤一
渡邊丈洋
顧問・監修
松岡孝明
鈴木伸佳
山田俊輔
楯本智久
所在地
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島3-3-3
中之島三井ビルディング2101
クリニックVSエステ 髭のレーザー脱毛五番勝負