ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス
クリニックVS脱毛専門店 髭のレーザー脱毛五番勝負
ヒゲにこだわる男へ捧ぐレーザー脱毛ガイダンス » クリニックVSエステ ヒゲ脱毛の五番勝負 » どのくらい痛い?ヒゲのレーザー脱毛をリサーチ

どのくらい痛い?ヒゲのレーザー脱毛をリサーチ

男でも耐えられないほど痛いと言われるヒゲのレーザー脱毛。その痛みについて、クリニックとエステの違いを比較・解説していく。

ヒゲ脱毛はどうして痛いのか?

ヒゲの脱毛に踏み切れないという人の中には、痛みがネックになっている場合もあるだろう。これは別に恥ずかしがることはない。

脱毛は痛みが伴うものだが、特にヒゲの生える口周りはヒゲの量が多く神経が集中しているため、身体の中でも痛みを感じやすい部位とされている。

レーザー脱毛はメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、毛根にダメージを与えるという原理で脱毛を促す。したがって痛みを100%避けることは困難だが、照射の強さを変えることで痛みをある程度コントロールすることは可能である。

照射を弱めれば痛みが軽減するが、それは脱毛効果も弱めることを意味している。脱毛における痛みと効果は、まさに諸刃の剣なのだ。

では実際に脱毛をした人が感じた効果は?

  • カウンセリングで「ある程度の痛みがある」と聞いていたので特に不安はありませんでした。しかしヒゲが濃い部分になると痛いというより「熱い!」という感覚になって、思わず施術途中で笑気麻酔をお願いしちゃいました…。麻酔を打ってからは多少の痛みは和らぎましたが、短時間で終わる施術で良かったなと強く思いました。
  • ヒゲ剃りの手間を無くしたいと思い施術を決めました。ヒゲの濃さとか太さによって違うと思いますが、自分の場合は所々痛むな~くらいで済みました。いまではヒゲを剃る手間が省けたため朝は楽に過ごせています。また治療時間も短いので忙しい人でも気軽に受けられる治療法だと思います。
  • 脱毛を受けた人の口コミをみましたが多くの人が「痛い」と書いてあったので、痛みが少ないクリニックを探して施術を受けました。脱毛して冷却するまでの間はヒリヒリしますが、それ以外は全く痛みはありませんでした。確実にヒゲも少なくなっているので大満足です。
  • ヒゲを処理するのが面倒だったので脱毛をしました。痛みは多少はありましたが、回数を重ねることで痛みにもだんだん慣れ、今では痛みは全くありません。また施術を受けるたびにヒゲが薄くなるのが分かるので、ヒゲで悩んでいる人がいればおすすめしたいですね。
  • ヒゲ脱毛をする前にいろいろ調査をしていて「痛い」という声が多く見られました…。私は肌が敏感な方なので「受けない方がいいのかな」とも思ったんですが、やっぱりコンプレックスを解消したい気持ちが大きかったので決意して施術をさせてもらいました。案の定、赤みがでたり腫れたりしたのですが、結果的には凄く綺麗に処理することができたので大満足です。

痛みが原因で通うのをやめる人もいる

脱毛の痛みに耐えられず多くの人がやめている。脱毛の痛みに関しては毛質が大きく関係しているから、なんとも言えない所もある…。

しかし契約して「痛かったからやっぱりやめる」なんて、お金を無駄にすることはしたくない。そういったことを避けるためにも契約前には一度パッチテストをしてもらうといいだろう。クリニックによってはパッチテストができる部位が限られているのでそこは注意しておこう。

クリニックのパッチテストを受けて「痛みが耐えきれない」と感じてしまった人もなかにはいるだろう。そんな人はエステで提供している脱毛はクリニックで提供しているレーザー脱毛より出力が弱い光レーザーがおすすめ。より痛みを抑えて脱毛治療を受けることが可能である。

クリニックであれば麻酔という選択肢

仕事の都合上でどうしてもクリニックでしか治療を受けられない人もいるだろう。そのなかでも痛みに耐えきれないと悩んでしまっている人におすすめなのが「麻酔」だ。痛みを最小限に抑えながら通常の治療と変わることなく脱毛効果を得るられるため、痛みに敏感な人は覚えておくといいだろう。

麻酔の費用は脱毛代に含まれているクリニックもあれば、別途で求められるクリニックもある。ただでさえ高い治療費に麻酔を追加するとさらにお金がかかるため、継続して治療が受けられなくなる恐れもある。契約する前に医師にしっかりと確認するようにしよう。

脱毛の痛みの表現

女性で脱毛を受けた人からの口コミの大半は「ゴムで弾かれたような痛さ」と聞く。「男性もそのくらいの痛みなのでは?」と思う人も多いと思う。

しかし、実際にヒゲ脱毛をした男性によると「手持ち花火を押し付けられる感じ」「熱されたやかんを押し付けられた感じ」「油がはねたような痛さ」と、感覚は人それぞれなので一概は言えないがかなり強い痛みを感じるようだ。

痛みとなる要因は肌質、肌の色、毛の太さ、毛量、ヒゲの密着度によって個人差はかなりあるようだ。特にヒゲは痛みを感じやすい。

麻酔なしでは耐えきれないという人がほとんどだから、威力の高いクリニックでは麻酔も十分に選択肢にはいるだろう。

ちなみに男女での痛みの差がなんでこんなにあるかというと1つ考えられることとしては「毛の太さ」だ。女性は男性と比べて毛は細いので、ゴムで弾かれた程度で済む。一方、男性は毛が太いうえに根元も深いのでより痛みを感じてしまうそうだ…。

脱毛に通っていくと痛みは引いてくる

これまでヒゲ脱毛は耐えきれないほど痛いと書いてきたが、実は耐えきれないヒゲ脱毛も回数を重ねれば徐々に痛みは少なくなっていくのだ。

そのメカニズムとしては、繰り返し照射することによってメラニン色素が薄くなるから。脱毛で使用するレーザーや光レーザーは黒いメラニン色素にしか反応しない。そのため脱毛を数回受けることによりメラニン色素がだんだんとなくなり、照射の反応が減り、痛みも必然的になくなっていくという流れだ。

痛みがどうしてもだめという方は麻酔を使う方法もある。しかしあまり費用をかけたくない人は最初の数回だけ我慢すれば大丈夫なので、最初だけ耐えてみるといいだろう。

クリニックとエステでは痛みの強さが違う

クリニックやエステで使用する脱毛機は、それぞれ基本的な仕組みは同じだが、照射の強さや質が異なっている。それは痛みに関係してくる部分でもあるので、簡単にその違いについて説明しよう。

クリニックの脱毛機

医療用レーザーとも言われ、毛穴内部の毛乳頭を破壊してしまうほど照射が強力なものを使用している。医療機関でないと施術が認められていないのはそのためだ。

さらに波長の違いによっていくつかの種類がある。代表的なのは、日本人の肌に最も適しているとされるダイオードレーザー、波長が長く肌の奥まで届くヤグレーザー、波長が短くシミやアザの治療にも使用されるアレキサンドライトレーザーなどだ。

強力になればなるほど痛みも強くなるため、効果の速さ優先で脱毛施術を受ける場合は相当の覚悟が必要だ。痛みを回避するには追加料金を支払い、麻酔を依頼するのが手っ取り早い。この麻酔という手段を使えるのは、医療施設であるクリニックの強みと言える。

おすすめ脱毛クリニック

  • ゴリラクリニック
    蓄熱方式で毛根を破壊する痛みが少ない最新機種を導入し、痛み対策として笑気ガス、麻酔クリーム、局所麻酔注射という3つの麻酔が用意されている(それぞれ別料金で3,000円~)。

公式HPで詳しく見る

エステの脱毛機

エステで使用される脱毛機は光の照射で毛乳頭にダメージを与えるが、クリニックで使用されるものより照射強度は低くなる。

こちらもキセノンランプを使うIPL方式とクリプトンライトとジェルを使うSSC方式など種類はあるが、どちらも毛根を破壊してしまうほど強くはないため、痛みも小さいと考えていい。

照射が弱い分、脱毛が完了するまでの期間が長く必要とはなるが、痛みを避けたい場合はエステを選択すべきだろう。エステなら毎回の痛みで通うのが嫌になるということはないはずだ。

またエステは冷却装置の進歩により、さらに痛みが軽減される傾向にある。使用している脱毛機にも注目した方がいいだろう。

おすすめ脱毛エステ

  • RINX(リンクス)
    男性専用のオリジナル脱毛機を導入しており、太くて濃い毛に対応しながらも、ペルチェ素子を使用した冷却装置搭載により、脱毛時の痛みを最小限にできる。クリニック脱毛を断念した者でも施術が受けられた前例が多い。

公式HPで詳しく見る